前代未聞!WCT決勝でミック・ファニングがシャークアタックに遭遇

ライター: Micky-G

7917Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

サーフィン サーファー ミック・ファニング

 

南アフリカのJ-BAYで開催中のサーフィン世界大会(2015 Samsung Galaxy Men’s WSL CT #6『J-BAY OPEN』)、WCTファイナルヒートでミック・ファミング(Mick Fanning)がシャークアタック(サメ)に遭う大事件が起こった。

サメに襲われ、ミックが海中に沈んだときはどうなるかと思ったが、リーシュを食いちぎられただけで無事に救出され事なきを得た。

救出後のボート上ではさすがに腰砕けしていたようだが、サメに襲われた時はサメにはパンチを食らわせたとのこと。

ファイナルヒートはその時点で中断し、協議の結果、大会はそこで終了。ファイナリストのミックとジュリアンは同率2位となり、賞金は2人で分ける異例の結果となった。

クウォーターファイナルでガブリエル・メディーナを破ったケリー・スレーターをセミファイナルで破ったミック。今回、幸運にも無事で本当に良かった。

※Samsung Galaxy Men’s WSL CT #6『『J-BAY OPEN』Event site
http://www.worldsurfleague.com/events/2015/J-BAY

 

あわせて読みたい記事

【シャークアタック】サメに遭遇したら心がけたい5つのこと

サメが近づいてきたら警報してくれるアプリ”Ocearch”

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

サーフィンライター

Micky-G

趣味はグレイシー柔術、サーフィン。『サーフィンのことを、誰にでも分かり易く』をモットーに、独自視点で執筆、編集を行うサーフィンライター。