『プライスレスな時間と空間』サーフキャンプを楽しむ為のキャンピングカー事情

ライター: masaaki

1188Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

キャンピングカー

キャンピングカーでサーフキャンプを楽しもう

アウトドア用の車を突き詰めると行き着くとところはキャンピングカー。キャンピングカーなら、宿泊施設の予約や時間に捉われず自由な旅をメイクアップすることができます。サーファーにとっては波を追いかけて、どこにでも行けるキャンピングカーは憧れのライフスタイルではないでしょうか。

今回はキャンピングカーの種類、メリットデメリット、今どきのキャンピングカー事情をご紹介します!

<Index>
1.キャンピングカーの種類
2.キャンピングカーのメリット・デミリット
3.今どきのキャンピングカー事情
4.プライスレスな時間と空間

 

1.キャンピングカーの種類

「キャンピングカー」は日本特有の総称で、アメリカではタイプ別にRVやモーターホームなどとも呼びます。

キャブコン

 

・キャブコン(キャブコンバージョン)

一般的によく言われるスタイルのキャンピングカーで、トラックなどをベースに居住空間と一体化されたタイプ。広い空間と充実した装備を備えるタイプです。

・バンコン(バンコンバージョン)

ハイエースやキャラバンなどのバン型車両の後部内装をキャンピングカー仕様に改造したタイプです。見た目は一般車両と区別がつきませんので、街乗り、普段乗りも可能です。記住空間はキャブコンより狭く、装備も簡素化されますが、比較的低コストでできるため、日本国内では主流になっています。

・バスコン(バスコンバージョン)

その名の通りバスをベースにキャンピングカー仕様に改造したタイプです。居住空間が広いので大人数で楽しめる、まさに動く家のような存在感があります。値段は1,000万を軽く超える高額なキャンピングカーです。

・トラベルトレーラー(トレーラーハウス)

自走式ではなく、けん引式のキャンピングカーです。けん引車と切り離して使えるので、普段は自家用車だけで移動して、レジャーの時だけけん引したり、宿泊場所に停めてけん引車だけで買い物や所用に出かけたりなど、よりアクティブな利便性の高い使い方が可能です。

トレーラー

・その他

トラックの荷台を改造した「ピックアップキャビン」、軽自動車を改造した「軽キャンピングカー」、普通乗用車を改造したタイプなど、国内外にさまざまなタイプがあります。

ワーゲンバス

 

2.キャンピングカーのメリット・デミリット

キャンピングカーのメリットは、宿泊施設の事情を考えずに思い立った時に出かけることができる自由度。また部屋ごと移動するようなものですので、サーフボードなどの大型荷物の輸送問題もクリアできます。

フラットなベッドで安眠もできますし、キッチン、バスなどが付いているタイプなら、海から上がった後のケアも安心です。好きな時に好きなポイントに、自分の部屋があるような利便性が、キャンピングカーのメリットでしょう。

旅行

一方、注意が必要なのは、駐車場所の確保をセキュリティ対策です。いくら自由と言ってもどこでも停められるわけではありません。近隣住民の迷惑にならないようにしなければなりませんし、道路交通法上違反になる場所にも停められません。

車上荒らしなどの盗難対策も考えると有料の駐車場や、管理人常駐のオートキャンプ場などの方が安心です。

また、一般の宿泊施設と違って掃除や後始末、メンテナンスなどは自分でしなければなりません。維持費や車両購入費用が高くつくことがデメリットだと思われます。

オートキャンプ

 

3.今どきのキャンピングカー事情

キャンピングカー

日本の狭い道路事情を考慮して、軽自動車を改造したキャンピングカーが人気です。

また、最近は走行性を加味したものや、太陽光発電、LEDなどの環境設備を装備したものなどがあります。

中にはIHクッキングヒーターなど本格的なキッチン設備も完備したものもあり、車両内で十分な生活ができるようになっています。

キャンピングカーは、キャンプやレジャーだけではなく、災害時の住居としても利用できるように更なる進化を遂げています。

 

 

プライスレスな時間と空間

夜明け

キャンピングカーでサーフトリップをするなら、夏は涼しい東北へ、冬は暖かい九州へ、などと季節ごとに自由に波を追いかけることができます。

フェリー輸送を利用して、離島でのサーフィンライフも可能です。

準備や輸送などの物理的事由から、宿泊施設や交通事情などの、時間的事由までも思いのままに旅を作れるキャンピングカーは、フリーサーファーとして夢のような生活がおくれるのではないでしょうか。他の何にも変え難い、プライスレスな時間を過ごすことができますよ!

こちらのサーフキャンプ関連記事もあわせてどうぞ▶︎サーフキャンプおすすめグッズ8選!選び方ポイントガイド付き

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

masaaki

masaaki

サーフィンの魅力にとりつかれ海の目の前に移住し、スローライフな日々を過ごしています。海辺での生活の楽しさや、初心者にもわかりやすくサーフィンの魅力を伝えます。