日本初開催!サーフィンの歴史を築いてきたサーフボードカルチャーの祭典「THE BOARDROOM SHOW JAPAN 2019」

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

サーフボードカルチャーの祭典「THE BOARDROOM SHOW JAPAN 2019」

「THE BOARDROOM SHOW JAPAN 2019」

サーフィンの歴史を築いてきたサーフボードカルチャーの祭典「THE BOARDROOM SHOW(ザ・ボードルームショー)」が、5月17日(金)~18日(土)、東京流通センター(大田区平和島)にて日本初開催される!

・カリフォルニアでスタートした「THE BOARDROOM SHOW」とは

2007年、カリフォルニアのデルマーでスタートした「THE BOARDROOM SHOW」。今年で12年目を迎え、これまでにカリフォルニア各地やフロリダを舞台に16ものイベントを成功させてきている。そこでは、サーフィンの歴史を作ってきたハンドシェイプ・カスタムサーフボードのカルチャーを中心に、最新テクノロジーで生み出される数々のサーフエクイップメントを紹介。更に波乗りを愛する人々と、波を感じる道具を生み出す職人とのコミュニケーションの場を提供し、その交流をサポートし続けてきた。

サーフボードカルチャーの祭典「THE BOARDROOM SHOW JAPAN 2019」

・「THE BOARDROOM SHOW」のメインイベントは、シェイピングコンテスト

そんな「THE BOARDROOM SHOW」のメインイベントは、シェイピングコンテスト。これは、サーフボードの歴史を築き上げてきたレジェンドシェイパーを名誉審査員として招き、会場内に設置されたシェイピングルームでシェイパー達が削り出すボードフォルムの美しさを競い合うコンテスト。主役となるシェイパー達は、現在のサーフボードシェイピングの第一線で活動する重要人物ばかり。来場者の前でシェイプすることは、シェイパーのプライドを賭けた戦いでもあり、同時にレジェンドから若手へ技術継承の場になっている。このような形でサーフボードが生まれる瞬間を目の当たりにするのは、来場者にとっても貴重な体験となるでしょう。

・アメリカ本土以外で初めての開催が日本!

そして2019年5月。サーファーの魂を揺さぶる「THE BOARDROOM SHOW」を、アメリカ本土以外で初めて開催することが決定!注目のシェイピングコンテストや人気シェイパー達によるデモシェイプのほか、会場内では出展各社による最新サーフギアのプレゼンテーション、プロライダーが使用したサーフボードやギア、グッズ、ヴィンテージボード等の展示販売も行われます。

「THE BOARDROOM SHOW JAPAN 2019」は、サーフィンを愛する全ての人の参加をお待ちしております。

●昨年2018年の優勝者トラビス・レイノルズ関連記事→
「毎日が終わりのないチャレンジ。そのプロセスを楽しんでいる。」名シェイパー『トラビス・レイノルズ』
カリフォルニアの名シェイパー『トラビス・レイノルズ & 市東 重明』千葉ログセッション

サーフボードカルチャーの祭典「THE BOARDROOM SHOW JAPAN 2019」



・過去の開催地と歴代優勝者

第1回 2007年 開催地:デルマー、カリフォルニア
マイク・ディフェンダーファーを名誉審査員として初開催。リッキー・キャロルがシェイプコンテストで優勝。

第2回 2008年 開催地:デルマー、カリフォルニア
ビル・コースターが名誉審査員。リッキー・キャロルが2度目の優勝。

第3回 2009年 開催地:ベンチュラ、カリフォルニア
ジョン・ブラッドベリーが名誉審査員。マーク・アンドリーニ、ウェイン・リッチらが参加。

第4回 2010年 開催地:サンディエゴ、カリフォルニア
サイモン・アンダーソンが名誉審査員。マット・バイオロスが優勝。

第5回 2011年 開催地:デルマー、カリフォルニア
カール・エクストロムが名誉審査員。ウェイン・リッチが優勝。

第6回 2012年 開催地:デルマー、カリフォルニア
マーク・リチャーズが名誉審査員。リッキー・キャロルが優勝。

第7回 2013年 開催地:オーランド、フロリダ
リッチ・プライスが名誉審査員。ステュー・ケンソンが優勝。

第8回 2014年 開催地:デルマー、カリフォルニア
ベン・アイパが名誉審査員。ロジャー・ヒンズが優勝。

第9回 2015年 開催地:サンタクルズ、カリフォルニア
ジョン・メルが名誉審査員。ニック・パランドラーニが優勝。

第10回 2016年 開催地:デルマー、カリフォルニア
ジェリー・ロペスが名誉審査員。ライアン・ラブレスが優勝。

第11回 2017年 開催地:デルマー、カリフォルニア
アル・メリックが名誉審査員。レックス・マーシャルが優勝。

第12回 2018年 開催地:デルマー、カリフォルニア
マーク・アンドリーニが名誉審査員。トラビス・レイノルズが優勝。

第13回 2019年 開催地:デルマー、カリフォルニア
ウェイン・リンチが名誉審査員、5月4-5日開催

「THE BOARDROOM SHOW JAPAN 2019」イベント概要

・ザ・ボードルームショー・ジャパン 2019
(英字)THE BOARDROOM SHOW JAPAN 2019

サーフボードカルチャーの祭典「THE BOARDROOM SHOW JAPAN 2019」

・日 時:2019年5月17日(金) 10:00~18:00/18日(土)10:00~17:00
・会 場:東京流通センター 第一展示場 Aホール 〒143-0006 東京都大田区平和島6-1-1
・入 場:無料
・主 催:株式会社エイ出版社
・後 援:Scott William Bass Inc. (THE BOARDROOM SHOW) ※他予定
・協 力:Surf in MUSIC実行委員会、WSL Japan ※他予定
・HP:https://japan.boardroomshow.com

■プレゼント企画
BRS開催前日(5/16)までに『BRS行くよ!』登録メールでご入場時にスペシャルステッカーをプレゼント。「BRS行くよ!」に「お名前&ご来場予定日」を添えて、WEBもしくはE-Mailアドレス(event@ei-publishing.co.jp)からお送りください。

■コンテンツ
1)最新サーフギアのプレゼンテーション(一部販売あり)
2)US BLANKS Presentsサーフボードシェイピングコンテスト(18日)
3)サーフボードシェイピングのデモンストレーション(17日)
4)トークショー&トークセッション
5)ヴィンテージボード展示・販売
6)デイブ&オースティン・カラマ来日! 話題のフォイルを語る(17日)
7)Welcome Party! “STAB IN THE DARK”上映&Music Live(17日18:00~入場無料)
※その他、多彩なコンテンツを予定しています

■来日ホスト・シェイパー
ウェイン・リッチ、リッキー・キャロル、クリス・クリステンソン、ジョシュ・ホール
※他にも国内外シェイパーが多数参加予定。最新情報は下記、公式HPをご覧ください

■US BLANKS Presentsシェイピングコンテスト 参加シェイパー
植田義則(YOSHINORI UEDA / Y.U SURFBOARDS)
小川昌男(MASAO OGAWA / OGM SURFBOARDS)
徳田昌久(MASAHISA TOKUDA / HARLEM SURFBOARDS)

■参加ブランド(4/17現在)
※変更の可能性があります。

サーフボードカルチャーの祭典「THE BOARDROOM SHOW JAPAN 2019」



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet