週末サーファー必見!ガチャピンこと関田秀俊に聞く波チェック5つのポイント

ライター: AKIKO

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

サーフィン 関田秀俊

プロサーファー兼漁師 ガチャピンこと関田秀俊

海に着いた、波良さそう!チェックもほどほどに急いでウェットに着替えて入ったけど、どこで波が割れるのか分からないし、人も多いし、思ったより乗れなかった。サーフィン初級から中級にもありがちな、こんな経験はありませんか?

便利な波情報サイトを参考にしつつ、海に入る前は自分の目でしっかりチェックする事が大事ですね。プロサーファー兼漁師であり、海を知り尽くしている関田秀俊さん(愛称ガチャピン)は、漁師という職業柄、うねりの向き、風向き、潮の流れを常に把握していて船で沖に出た時のコンディションを見て、それがサーフィンをする岸にどう伝わるのかを脳内でイメージできると言う。まさに海を理解しているエキスパートです。今回はそんな彼に初級〜中級サーファー向けに波チェックにおける5つのポイントを聞いてきました。

・家業の漁師歴15年
サーフィン 関田秀俊



波チェック5つのポイント

1.砂浜から正面で波チェック

高台や遠くから波チェックをしていませんか?実際海に入ってみると思ったよりサイズが大きいと感じると思います。入ろうと思っているポイントの砂浜から海と同じ高さでチェックしましょう。そうする事でサイズと波の斜面を的確にとらえる事ができます。

・生まれ育った太東の海でサーフィンを始めて20年

2.自分と同レベルの人が乗れているか

自分のサーフィンのレベルを把握しましょう。自分と同じレベルもしくは自分よりちょっと上手だなと思う人が波に乗れているかを見て下さい。上級者やプロサーファーが乗っているからいい波に見えても、それが自分にとって乗れるいい波とは限りません。ライディングだけでなく自分のドルフィンスルーのスキルも把握する事も大事です。サイズがある時は板を流したりせずドルフィンスルーをして沖に出れるかも確認して下さい。

3.自分の乗りたい波、危険な波の周期

自分の乗りたい波が大体何分周期で来るのか、波の形、あそこでワイドになる、あそこで消えてしまうなどをよく観察しましょう。サイズがある時はくらったら大変と思う波がどのくらいの周期で来るのかも見ましょう。そうする事で危険を回避する事ができます。まずは海に着いたら焦らず、10分、15分はチェックをするようにしてみて下さい。

・掘れてて速い波が大好きなガチャピン
サーフィン 関田秀俊

4.混雑していない別のピーク

海全体を見てサーフィンができるピークを把握しましょう。波が一番良いけど混雑しているピークにへばりついて2時間で数本しか乗れないなら、波質は少し落ちても空いているピークで練習しましょう。特に週末サーファーの方はストレスなく本数を乗る事が上達に繋がると思います。

5.オンショア時は

まずは流れが発生するのでそこはよく観察して危険がないようにして下さい。オンショアで波が大きければウネリがシフトしてパワーのある波になるし、小さければヨレて波の間隔が狭くなるので、波数が増えて乗れるチャンスも増えます。あとは意識も大事。「オンショアだー、嫌だけど来たからしょうがないから入ろう…」ではなく「オンショアだけど意外とできる!」という前向きな気持ちで入る事が楽しむコツです。

 


 

地形や砂の付き方、水の流れなどかなり高度な内容もたくさん話してくれましたが、すぐ理解できて実践できる5つのポイントにまとめました。次回の波チェック時の参考にして下さい。まずは危険な目に合わない、迷惑をかけない、自身のレベルにあった場所でサーフィンをする事と、前向きな良いイメージで海に入る事が大事と教えてくれました。

関田秀俊プロフィール

1986年3月2日生まれ。33歳。千葉県いすみ市出身。太東で生まれ育った生粋ローカル。「ガチャピン」の愛称で親しまれている。20歳でJPSAプロ公認を取得。現在は家業の漁師、波が上がれば漁は休みになるのでサーフィンへ。趣味は釣りとスノーボード。

・漁とはまた違う魅力の釣りも好き

・スポンサー: Crystal Dreams SurfboardsHOLLY wetsuits、gonzo surf、LuminoxElectric7UnionSimple Surf

・程よくなんでもあって景色がスロー、のんびりと落ち着く地元が大好きというガチャピン。いすみ市の紹介PVにもサーフィン代表として登場。



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

AKIKO

AKIKO

酒とサーフィンとトリップをこよなく愛する二児の母&主婦。ママになってからの方がサーフィン熱が上がってます。センスも技術もないけど波運だけはあります。
・blog: akikoba.xyz
・facebook: akiko.d
・Instagram: @akikobataito