『國母和宏』FALKENとのスポンサー契約記念スペシャルムービー公開!

ライター: WAVAL

772Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark


FALKENがプロスノーボーダー國母和宏とスポンサー契約!

・スポンサー契約記念スペシャルムービー公開!

若々しく躍動感のあるタイヤブランドとして、限界を知り、それを超えていく「FALKEN(ファルケン)」。そしてスノーボード界の最高峰に立ちながら、今もなおグローバルに挑戦を続ける「KAZU KOKUBO」。共に「鷹」をシンボルに掲げる2者がリスペクトしあってコラボレーションが決定した。

國母和宏選手は11歳時に史上最年少でプロ選手に昇格し、 17歳でワールドカップ優勝。 トリノオリンピック、 バンクーバーオリンピックと2大会連続でハーフパイプ日本代表に選出されるなど国内外で数々の好成績を収め、「KAZU」の名で世界中から称賛されるトップスノーボーダー。

2011年より スノーボードムービーの撮影に専念。 2015年、 ESPN(※1)のバックカントリームービーコンテスト「REAL SNOW BACKCOUNTRY」において日本人史上初の銀メダルを獲得。 2016年には自身が最も獲得したかった「RIDRES POLL 18」の”MEN’S VIDEO PART OF THE YEAR(年間ベストビデオパート)”(※2)を受賞し、 日本人スノーボーダーとして初となる快挙を成し遂げる。彼の生き様が込められた必見ムービーです!詳しくはこちら▶︎國母和宏が年間1位を獲得した『STRONGER.』部分パートが公開

國母選手が自身のシンボルに「鷹(ファルケン)」を掲げ、 世界最高峰で今もなお持ち前の“スピード”と“飛び(ジャンプ)“をもって、 グローバルに挑戦し続ける姿を通じて、 FALKENの持つ若々しく躍動感のあるイメージの訴求を強化し、 さらなるブランド価値向上を図る。

※1エクストリームスポーツの祭典であるX GAMESを主催するスポーツ専門チャンネル
※2 アメリカの大手メディアTRANSWORLD SNOWBOARDING主催による、 プロスノーボーダーたちの労と成果を讃える授賞式

國母和宏×FALKEN スペシャルムービー概要

アメリカ・アラスカなどで撮影された。 國母選手がヘリコプターで雪に覆われた崖の頂上に降り立ち、 繰り出す多彩な技で宙を舞い、 さらにはビッグマウンテンライディングでラインを刻む。 失敗の許されない一発勝負のライディング。

國母選手自身は“鷹(ファルケン)”のロゴについて、「見るとパワーをもらえたり、 自分が絶対に変えたくないものを入れた自分を象徴するイメージ。 スノーボードで大切にしている“速さ”と“空中にいること”をどこでも見せていきたいという想いが詰まっている。 」とコメント。

また、 2016年に獲得した「RIDRES POLL 18」の”MEN’S VIDEO PART OF THE YEAR“について、 「今までで一番うれしいタイトルだが、 すでに過去のこと。 もう一度取りたい」と未来に目を向けている。 彼の生き様が込められた必見ムービー!詳しくはこちら▶︎國母和宏が年間1位を獲得した『STRONGER.』部分パートが公開

更に 今後の目標については、「自分が興奮できる映像と写真を残したい。 日本ではまだまだ動画が盛り上がっていないと感じているので、 自分がそこに貢献したい」と意気込みを話しました。 國母選手の宙を舞う姿は、 鷹(FALKEN)を彷彿させ、 FALKENのコンセプトである“躍動感”や“on the pulse(高鳴る鼓動)”を感じていただけるスペシャルムービーです。

■プロフィール
國母和宏(Kazuhiro Kokubo)
プロスノーボーダー

コメント:
「僕のスタイルや活動に共感いただけて嬉しいです。 日本のスノーボードムービーシーンを盛り上げていきたいので、 これからも頑張ります。 」

國母和宏

1988年8月16日生まれ 北海道石狩市出身
4歳でスノーボードを始め、 11歳で史上最年少でプロに昇格し、 14歳で初出場したU.S OPENで準優勝を飾ると、 国内外で好成績を残し、 トリノ、 バンクーバーと2大会連続でハーフパイプ日本代表に選出される。 2010年、 2011年と U.S OPENで2連覇を達成し、 スノーボーダーの憧れでもあるスノーボードムービーの撮影に専念できる環境を得て、 X Games REALSNOWでは銀メダル、 2016年は自身が最も欲しかったという「RIDRES POLL 18」の”MEN’S VIDEO PART OF THE YEAR“を獲得した。

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)