2018年大注目のWCTルーキー 15歳のキャロリン・マークス 

ライター: surfpro

473Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

キャロリン・マークス

ケリー・スレーターと同じフロリダ出身の若手ウイメンズサーファーCaroline Marks(キャロリン・マークス)。15歳という若さで2018年のWCTクオリファイがほぼ確実となりました。彼女は史上最年少13歳でワイルドカードでCTツアーに出場したりプロジュニアでの優勝など、数々の実績とサーフスキルから未来のワールドチャピオン候補と期待されています。先日、千葉鴨川で開催されたQS6000でもかなり高いスキルで一際目立っていましたね。パワフルなバックハンドアタックとビッグチャージも恐れない。2018年はこの大型ルーキーに大注目ですよ!

2017 Women’s Qualifying Series Rankings

こちらは彼女の祖母がギリシャ育ちということでそのルーツと波を追って旅にでるサーフトリップフィルムです。合わせてどうぞ。

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

セミプロサーファー

surfpro

転職、投資、事業で数々の失敗を繰り返し、今は会社経営をしつつ世界を旅している。投資とは自分に対ししていれば後々全て戻って来る。人生サーフトリップ!