世界一のエアリスト『フィリペ・トレド』がレールサーフィン対決で優勝!WCT2017第6戦Jベイ

ライター: surfpro

357Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

フィリペ・トレドWSL / PIERRE TOSTEE
怪我で棄権したケリー・スレーター、優勝のフィリペ・トレドとフィリペベビー。

フィリペ・トレドが優勝!Corona Open J-Bay 2017#6

今回のJベイオープンはエクセレントコンディションとなり、またケリー・スレーターの負傷や、サメの出没、ボートサーフィンなどなど..良い事も悪い事も含め話題満載のイベントとなった。

●Jベイ連記記事(時系列順関):
『Jベイオープン欠場』ケリー・スレーターが足を負傷し手術へ
またJベイでサメ!アクシデント続出のWCT2017第6戦Jベイオープン
サメやパーフェクト10P続出!様々な事が起こるWCT2017第6戦Jベイオープン5日目

地元のジョディ・スミスのパーフェクト20、フィリペ・トレドの連続ビッグエアーパーフェクト10などなどエクセレントスコアが続出。小波最強、世界一のエアリストと称されるフィリペ・トレドが今回のビッグウェイブを波質により戦略を使い分け、Jベイ初優勝を飾った。

WAVALさん(@waval.surf)がシェアした投稿

ファイナルデイはフィリペがエアーを封印し、カーヴィング、フローター、チューブと多彩なコンビネーションで得点を重ねた。スモールウェイブはもちろん、ビッグウェイブへの対応も可能になったフィリペ。

レールサーフィン勝負でジョディ・スミスジュリアン・ウィルソン、ファイナルでは本格派レールサーフィンで今回一躍話題となったルーキーのフレデリコ・モライスに勝利して優勝。前回のフィジーを出場停止となりつつも、ランキングを一気に7つ上げて7位に躍進した。

●関連記事:『フィリペ・トレドが出場停止処分に』WCT2017第4戦オイ・リオ・プロ

昨年はエアーによって発症した鼠径部の怪我に悩まされ、また前回は出場停止処分などもあったが、それらを乗り越えてレールサーフィンスキルを手に入れた22歳のフィリペ。彼の10Pの上を常に狙うサーフスタイルもまた魅力的。今期のワールドチャンピオン候補に一気に躍り出る結果となった。

WCT corona-open-j-bay

あわせて読みたい記事

【シャークアタック】サメに遭遇したら心がけたい5つのこと

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

セミプロサーファー

surfpro

転職、投資、事業で数々の失敗を繰り返し、今は会社経営をしつつ世界を旅している。投資とは自分に対ししていれば後々全て戻って来る。人生サーフトリップ!