『バリ島クタリーフ』サーフィン中に日本人男性が溺れ死亡する水難事故発生

ライター: surfpro

1359Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark


遠い沖に位置するクタリーフに行くにはボートに乗せてもらう必要がある


サーフパラダイスであるバリ島。その中でもクタビーチは多くのサーファーや海水浴客で賑わう観光スポットだ。そのクタビーチにクタリーフという人気のメジャーポイントがあるのだが、そのポイントで日本人男性がサーフィン中に溺れて死亡した。とてもメジャーなスポットであることもあり、かなりショッキングな出来事である。

地元警察によると男性は茨城県出身の片柳進さん(59)で、クタリーフへボートで移動し、1人でサーフィンを楽しんでいる最中に溺れた。地元のバリ人が発見し病院に運んだが死亡したという。

・観光客で賑わうクタビーチ

バリは今乾季でベストサーフシーズン。またこれから観光シーズンを迎えるが、どんな場所でも十分注意してサーフィンを行って頂きたい。カレントやリーシュコードのチェックは忘れずに。

サーフィン リーシュコードの劣化事故・選び方・交換時期・点検/保存方法
【カレント(離岸流)を見分ける方法】海に入る前に確認するべき事
・【カレント(離岸流)に流された時の対処方法】海に入る前に確認すべき事

心より、ご冥福をお祈り致します。

記事参考素:nhk.or.jp

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

セミプロサーファー

surfpro

転職、投資、事業で数々の失敗を繰り返し、今は会社経営をしつつ世界を旅している。投資とは自分に対ししていれば後々全て戻って来る。人生サーフトリップ!