シンプルイズベスト!おすすめのユニセックス白Tシャツ5選

ライター: YOSHI

156Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

白ティーシャツ

サラリーマンでもサーファーでも誰でも1枚は持っている白Tシャツ。ファッションにはトレンドをと入れることも重要だけれど、ベーシックな定番モノがあるから成り立っているのです。

季節問わずのオールラウンダーであり、男女問わず永遠の定番アイテムこそこだわりが必要不可欠。夏に向けて気温がグングン上がり、衣替えをする今、スタイルサーファーに欠かせない白Tシャツをpickupしていきます。いつものコーディネートをちょっと特別なものにしてみましょう!

 

1. Fruits Of The Loom(フルーツオブザルーム)

サーファーが自然と心躍るアメリカの定番ブランド。フルーツ・オブ・ザ・ルームは独特のドライな質感と、しっかりとした生地はかなり丈夫で、着れば着るほど肌に馴染むのが特徴です。キャッチーなパッケージとタグは彼女も喜ぶこと間違いなし。

(フルーツオブザルーム)FRUIT OF THE LOOM Vネック3Pパック Tシャツ (S)

 

2.Velva Sheen(ベルバシーン)

こちらもMADE IN USA。ベルバシーンはポケT(胸元ポケット付)がイチオシです。程よい厚みとオーセンティックな雰囲気はアメリカらしさを感じさせてくれます。チューブ編みを採用しているのでボディーの脇に縫い目がないのもスタイリッシュ。数あるパックTの中では少し値段は高いが、「質」を求めるのならベルバシーンが間違いない。

 

3.JAMES PERSE(ジェームスパース)

LA発のハイクオリティなカジュアルウエアを展開するブランド。他と比べると薄手の生地ですが、とてもなめらかでまた違う着心地の良さがあります。そして何よりもシルエットが美しい。メンズ、レディースどちらも計算された絶妙なデザインです。細すぎず太すぎず、体型をきれいに見せてくれる身幅に、程よく開いた襟ぐりは着る人の品格を上げてくれます。
JAMES PERSE Online shop

 

4.STANDARD CALIFORNIA(スタンダードカリフォルニア)

アメリカの匂いやカリフォルニアの陽気を共有できるショップのオリジナルパックTシャツ。US COTTON 100%を使用していて、ストレスないスタンダードな着心地は着る人をピースフルな気持ちにさせてくれます。サイズ展開に加え、ロングスリーブタイプもあり、これこそ本物のオールラウンダーな一品です。
STANDARD CALIFORNIA ONLINE STORE

 

 

5.FilMelange(フィルメランジェ)

2007年にスタートした最高品質のカットソーを展開するブランド。もっちりと柔らかい生地感はふんわりと身体に馴染んで、脱ぐのが億劫になるほど。MADE IN JAPANにこだわり、オーガニックな素材を取り入れているので環境にも優しく、自然を愛するサーファーにはぴったりです。
Filmelange Online shop


 

知っておきたいお手入れ方法

自分で厳選した一枚はできるだけ長く着たいですよね。しかし、汗や皮脂で黄ばんできてしまったり、海で砂まみれになって黒ずんでしまったりと汚れが目立ちやすいのが難点。そんな白Tシャツと相性抜群なのがウタマロ石鹸です。

界面活性剤を使用せず、植物由来の油脂と水酸化ナトリウムで作られているので肌が弱い方にも自然にも、そして衣類にも優しい石鹸です。洗剤を変えても落ちなかった頑固な汚れが一発でスッキリ真っ白!値段も優しいので一度騙されたと思って試してみてください。購入だけでなく、状態をキープさせながら自分に馴染ませることもスタイルサーファーへの道であることをお忘れなく。

 

まとめ

シンプルだからこそ質感やブランドのヒストリーなどのディティールにこだわる。この一歩を自身のスキルにするのも良し、彼と彼女と共有するのも良し。こだわった一枚でスッと背筋を伸ばし、間もなくやってくる夏を迎えましょう!

・スタイルサーファー関連記事
▶︎ スタイルサーファーが押さえておきたいサーフショップ『BRINE』

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

YOSHI

YOSHI

国内・海外問わず、波を求めてトリップ。 その先でサーフィンやスノーボード、スケート、ダイビング、キャンプなど横ノリ&ジプシー体質。ビーチカルチャーやライフスタイル関連の記事を中心に執筆。
Instagram: salty_free