初心者サーファーに知って欲しい3つのサーフィンルール

ライター: masaaki

878Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

サーフィン

私の住む千葉北エリアにも春がやってきました!これからもっと暖かくなると海にサーファーがどんどん増えてきます。賑わうのは楽しいのですが、混雑すると怖いのが接触事故です。サーフボードがぶつかると大けがをすることもあります。サーフィンを安全に楽しくするため、いくつかのルールがありますが、初心者にはわかりづらいものもあります。今回は特に安全面で注意しなければいけない3つのことをまとめました。

1.サーフィンでやってはいけない前乗りって何?

前乗り禁止という言葉はよく聞きますが、初心者には難しい表現です。前乗りというのは、どういうことで、なぜ危ないのかを解説します。

前乗りを理解する前に、進行方向を理解しないといけません。テイクオフの後、自分から見て右に曲がっていくのをレギュラー、左に曲がっていくのをグフィーと言いますが、(陸から見ると反対)これは波の割れる方向で決まっています。

サーフィン レギュラー

上の写真の矢印に方向に進まないと波が割れて崩れてしまいますので、これはレギュラー方向に乗る波です。

サーフィン 前乗り

今度は、矢印の左方向へ行かないと右から崩れてきているグフィーの波です。この時Aの人の進行方向にBの人が乗ろうとしています。これが前乗りですAの人の方がピーク(波の高いところ)にいますからスピードが上がりBの人にぶつかる危険があります。サーフィンのルール上、ピークにいる人が優先ですのでBの人はAの人に譲らなくてはいけません。混雑するとよく見る光景ですが、廻りをよく見て危険行為にならないように気をつける必要があります。また事前に自分の狙うウネリは、レギュラーなのかグフィーなのかを確認しておいて、テイクオフに入る前に誰に優先権があるのか、見定めておくことが重要です。

2.ゲットアウトの時にはラインの入らない

ほとんどの人が、海に行ったら準備運動などをしながら、どこのうねりを狙うかを見ていることかと思います。その沖のポイントへ向かう時(ゲットアウト)、ライディングしてくるサーファーの波に乗るラインの入らないように沖に出ることは、安全面でも重要なマナーです。

サーフィン

 

この波はレギュラーになりますか矢印方向へ向かうライディング中の人と、沖に出ようとしている人が重なってしまいます。上級者は避けてくれますが、危険ですし、せっかく走り出しているのを邪魔することになります。

サーフィン ホワイトウォーター

事前に乗ってくるラインを見定める方法としてホワイトウォーターを確認することが大事です。ホワイトウォーターは崩れた後に出来る白波ですから、ライディングはそれを避けて乗ってきます。セットが入ってきた後に出来るホワイトウォーターから事前にライディングのラインを見定めておくと、邪魔をしないですみますし、自分が乗る時の道筋も確認できます。上の写真では矢印方向にレギュラーとグフィーのラインがありますから、この矢印上を避けてゲットアウトしていき、ピークに入ったらテイクオフの後、このラインをライディングしていけばロングライディングが可能です。

3.人の後ろにはいないようにする

沖に出ていく(ゲットアウト)時も、波待ちで板に乗っているときも、誰かの真後ろにはいてはいけません。前にいる人は、沖しか見えていませんから、後ろに人がいると、大きな波で戻されたり、テイクアウトのために振り返ったりした時にぶつかってしまう危険があります。

初心者のうちは、あまり沖には行かず、岸に近いところで練習していると思いますが、自分の沖に向かって真正面に人がいないことを確認して練習をしましょう。波は沖から岸に向かって押し寄せてきますから、その延長線上で近くに人がいると、コントロールを失った時接触事故を起こす可能性があります。岸に近いところで初心者同士がぶつかることもよくありますので気をつけてください。

 

・まとめ

サーフィンを安全に楽しく行うために様々なルールやマナーが存在します。今回挙げた他にも地域やスポットによってはローカルルールも存在します。例えばオリンピック会場に決まった志田下ポイント(通称波乗り道場)はショートボード専用で、ロングボードは禁止です。他にもロングとショートの棲み分けや駐車場での停め方など、安全のために守らなくてはいけないルールが存在します。最初はわからないことも多いですから最寄りのサーフショップに聞いてみましょう。

海は誰のものでもなく、みんなが平等に恩恵を受ける自然の一部です。ルールを守ってみんなで気持ちよくサーフィンを楽しみましょう!

初心者サーファー関連記事:【カレント(離岸流)に流された時の対処方法】海に入る前に確認すべき事

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

masaaki

masaaki

サーフィンの魅力にとりつかれ海の目の前に移住し、スローライフな日々を過ごしています。海辺での生活の楽しさや、初心者にもわかりやすくサーフィンの魅力を伝えます。