【ギネス記録】40年以上毎日サーフィンした男:デール・ウェブスター

ライター: WAVAL

2838Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

サーファー ギネス

記事参考元:world-surf-movies


一つの事をコツコツ毎日やり続けること。実はそれが一番難しいことです。いくらサーフィンが好きで、いくら海の近くに住んでいても、数十年間毎日サーフィンすることはちょっとできません。

今回は、40年以上に渡り、毎日サーフィンをやり続けてきたサーファーのストーリーをお届けします。そのサーファーとは、最長連続サーフィン日数(Most consecutive days surfing)のギネス世界記録保持者であるデール・ウェブスター(66歳)。

カリフォルニア州北部のボデガ・ベイ(Bodega Bay)をホームブレイクとするデール。そんなデールによる偉大な記録がスタートしたのは、今から遡ること40年前の1975年9月3日。

その後は、雨の日も風の日も、波が大きかろうがフラットに近かろうが、来る日も来る日も海に向かっては、最低3本の波に乗る生活を送ってきました。では、なぜこのようなチャレンジを始めることになったのか?

きっかけとなったのは、1975年9月、ソリッドな南スウェルが入った時のこと。同スウェルで波乗りを楽しんでいると、日々コンディションが良くなり、気付いてみれば85日連続でサーフしていたと言います。

そこで、仲間から何気ない一言が。「せっかくだから、100日連続サーフィンにトライしたら」と。そこで、100日連続サーフィンを成功させると、地元紙でその情報が報じられ、周囲から「1年間続けてみたら」と背中を押され、40年に至ったと言います。

とは言うものの、40年という記録は、簡単に達成できたわけではありません。実はデール、40年という節目まであと僅かの今年5月、健康診断で腎臓結石が見つかり、医師から手術を勧められたのです。

しかし、手術を先延ばしにしてでも、40年連続という記録を大切にしたデール。そして記録達成後の2015年10月4日、翌日に手術を控えたデールは、14,642日連続サーフィンの最終日を楽しみ、記録が中断する事となりました。

 

いきなり壮大な目標を立てすぎると挫折しがちですが、節目節目での周囲からの偶然の後押しがあり、ちょっとづつ達成することで最終的にこんな大記録が達成されました。周囲の方の協力あってこそですが、その協力をもらえる程の人徳があるからこそ記録達成できたのでしょうね。

記事参考元:world-surf-movies

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)