サーフィンを始めたい女の子が用意すべきサーフアイテム5つ

ライター: YURIE

1926Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

 サーフィン女性

 

女性にとってサーフィンは始めるハードルがやや高いスポーツ。しかしとても魅力的なスポーツなので少しでも興味があれば是非トライして頂きたい。そこでこの夏!女性がサーフィンを始めるために用意すべき5つの道具をご紹介します!

 

1.サーフボード

自分に合ったものを選ぼう。レンタルから始めるのもあり!選ぶ板によって上達が変わってくる。初めてサーフィンをするなら「厚み」や「長さ」がのある「安定感」を重視した板を選ぼう!波に乗る、立つ感覚をまずは養うためだ。

オススメは多くのスクールで使っているような、スポンジボードやロングボードだ。

スポンジボードについて詳しくは▶︎世界で人気沸騰中のスポンジボードとは?カラニ ロブがファンサーフ

2.リーシュコード

選んだサーフボードやどんなサイズの波でサーフィンするかによって太さや長さが変わってくる。サーフボードを選んでからリーシュコードを決めるとよい。

【知っているようで意外と知らない】リーシュコード劣化による事故・点検方法・交換時期・選び方・保存方法

3.ワックス

貼るタイプと塗るタイプがある。貼るタイプは今主流になりつつあるすべり止めシール!裸足でもブーツでもしっかり足元をグリップしてくれる。ベタベタすることなく、季節を選ばずお手入れ不要なのでとても便利。

塗るワックスは、海水の温度や季節によって塗る硬さを変えることでグリップ力が変わってくる。足をのせるところはもちろんだが、パドリングで腹這いになる部分や立ち上がるときに手を付く所など自由に塗ることができる。

ベースコートとトップコート、両方必要!ベースコートは半分使うくらいたっぷり塗るのがうまく塗るコツだ。少ない量でグリップ力の高いフーワックスもオススメだ。

フーワックスについて▶︎【ケリー・スレーター】大人気『FU WAX』を塗ってファンサーフ

4.ウェットスーツ

季節によって厚みや長さが変わります。夏はサーフパンツやラッシュガードでしのげますが、水温が下がればウェットスーツ着用が好ましい。また日焼け対策にもなるので、ウェットスーツは必要だろう。海に入る時期や気温で対応できるおように準備するのが好ましい。

私の場合は、春(4月)ごろから10月ごろまで入るので3mmフルスーツ1着でしのいでいる。夏は暑くなるので海水をかけたり、ラッシュガードで過ごしている。

また、ウェットスーツは既製品 、オーダー品、厚み長さ、水に濡れると暖かくなるもの種類は豊富なので、自分にあったものを選択しよう。

 

5.日焼け予防・熱中症予防対策用品

日焼け止めやサーフハット。日焼け止めは、何度も塗りなおすか、サーフィン用日焼け止めで対策。
こちらサーファーなら必須のフェイススティックタイプの強力なバートラの日焼け止め。

オーガニック日焼け止めウォータープルーフもオススメ。そしてクラゲよけ効果のある日焼け止めも…!?

また、波が大きくなければサーフハットもオススメ!日焼け対策はもちろん熱中症予防にもなります。波が大きいと流される危険性もあるもで注意が必要。


いかがでしたか?やはりマナーやルールを学ぶためにもまずはサーフィンスクールに行くのが一番です。必要な道具も教えてもらえます。ただし自分でも必要最低限の知識は調べて知っておいた方が色んな意味で良いでしょう。

*サーフィンスクールについては:サーフィンスクール特集

自分に最適なサーフィングッズをそろえて海へいこう!そして海では周りにいる人たちと笑顔で挨拶を交わすことも忘れずに!

 

あわせて読みたい記事

ガールズサーファー関連記事

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

YURIE

YURIE

普段は1歳児のママをしながら、ヨガインストラクターとして働いてる。 父がサーファーの影響で20歳でサーフィンを初めた。 ヨギーニの視点からサーフィンの魅力をお伝えしていきます。 Web:http://ohanayogastudio.jimdo.com